シミに悩む女性は多い

肌に関する悩みの中でもシミに悩んでいる人が最も多く、その割合は7割にものぼります。年齢を重ねるほどシミが増えたり、濃くなったりすることもあるでしょう。実はシミと一言で言ってもいくつもの種類があるので、代表的な5つを紹介します。

シミの種類

肝斑

日本人のシミで最も多いのが肝斑だと言われています。目の周りを避け、左右対称にできるのが特徴です。30~40代女性に生じやすいシミで、女性ホルモンと関係があることが考えられます。

老人性色素斑

別名「日光黒子」とも呼ばれます。中年以降に増えると言われていて、黒っぽく境界がはっきりしています。両頬に出来ることもあるのですが、左右対称でないことがほとんどです。

そばかす

直径数㎜以下の小さくて丸いシミのことで、雀卵斑とも呼ばれています。鼻周辺や頬に出来ることが多いでしょう。3歳ころから出始めるのですが、特に目立つのは思春期です。

炎症後色素沈着

肌の炎症やニキビが治った後にできるシミです。皮膚が炎症を起こしたことでメラノサイトが活性化して、シミになると言われています。年齢や性別には関係なく、顔以外にも発生するという特徴があります。

花弁状色素斑

急に日焼けしたときに、肩から背中にかけて生じるシミです。花びらのような形で、色は茶色や黒です。色が白い人にできやすいシミなので、日焼けした後に肌が真っ赤になる人は気を付けたほうがいいでしょう。

【塗るだけ簡単美白ケア】アルバニアホワイトニングクリームの効果

ウーマン

シミに効果的なアルバニアホワイトニングクリーム

就寝前に使うだけでシミやくすみに効果があり、ハリのある白い肌になれると話題を集めているクリームがあります。それは、「アルバニアホワイトニングクリーム」といって、使用した人の92%が効果を実感している美白美容液クリームです。有効成分を配合した医薬部外品なので安心して使うことができます。

他の化粧品とも併用可能

いくら保湿力に優れていると言っても、「それだけでは心配」「美容液も使いたい」ということもありますよね。アルバニアホワイトニングクリームは、他の化粧品と併用しても問題ありません。ただし、湿疹や傷がある部位への使用は避けたほうがいいでしょう。

2つの有効成分と高濃度グリセリン

アルバニアホワイトニングクリームには2つの有効成分が含まれています。メラニン生成を抑える「トラネキサム酸」と、抗炎症作用のある「グリチルレチン酸ステアリル」です。これらがスムーズに肌に浸透するように高濃度グリセリンも配合しているので、15秒のケアでしっかり浸透してくれるのです。また、エイジングケアに優れた植物エキスも6種類配合しています。

アルバニアホワイトニングクリームに含まれる植物エキス

  • 牡丹エキス
  • アロエエキス
  • カッコンエキス
  • コメヌカ油
  • ユキノシタエキス
  • クロレラエキス