顔のシミの原因は紫外線やケア不足!予防する方法をご紹介

いつまでも若々しくいたいのなら…

女性なら誰もがいつまでも若々しく見た目でいたいと思うでしょう。しかし、そのために努力しなければ、若々しさを手に入れることなんてできません。ですから、日頃からスキンケアなどの対策を行なう必要があるのです。

紫外線対策って必要?しないと肌はどうなるの?

紫外線を浴びた肌はメラノサイトが活発になる

紫外線対策をせずに日差しを肌が浴びてしまうと、メラノサイトという細胞が活発になりメラニン色素を生成します。メラニン色素は、顔のシミを作る根源なので紫外線対策しなければ、どんどん肌に浮かび上がってきて老けた印象になります。

乾燥しやすくなり、肌の細胞の元気がなくなる

紫外線を浴びた肌は、活性酸素を増やします。活性酸素が増えると肌の状態を保つ細胞の働きが低下し、顔のシミやしわなどのトラブルが起こりやすくなります。老化が進行するので、実年齢以上に見られる容貌になることだってあります。

顔のシミの原因は紫外線やケア不足!予防する方法をご紹介

婦人

顔のシミができる原理

顔のシミは、紫外線などを浴びたことでメラノサイトという細胞がメラニン色素を生成したことで発生します。メラニン色素は、肌の層の一番奥から沈着するので顔にシミが出てきたというのは、相当メラニン色素が沈着していたということになります。沈着したメラニン色素は、なかなか剥がすことができないので、顔のシミができると自力で改善することが難しくなります。

若いうちからケアが大事

10代や20代前半は、紫外線を意識して対策しない女性も多いです。しかし、こういった年代に対策やケアを行なっていなかったせいで30代に突入すると顔のシミが出てきます。早い人であれば、20代後半でシミができる人だっています。ですから、若いころから紫外線対策やスキンケアを行なってシミができないようにすることが大切です。

一年中対策するのがベスト

紫外線対策は、夏だけでいいと思っていませんか?実は、一年中しなければいけない対策なのです。なぜなら太陽の日差しによって紫外線を浴びることになるので、太陽が出ているかぎり対策しなければ意味がないのです。そのため、日焼け止めなどの紫外線対策に必要なアイテムを使って一年中対策することをおすすめします。

スキンケアもしっかりと行なう

紫外線対策だけでなくスキンケアもしっかりと行なわなければいけません。スキンケアを行なうことで肌を清潔に保ち、細胞の働きを活発にさせることができます。細胞が元気になれば、肌のサイクルが整って紫外線を浴びてもメラニン色素の沈着を防ぐことができます。それに、美白効果のある成分が含まれているスキンケアコスメもあるので、こういったものを使ってケアするのもよいでしょう。

肌の老化を進行させないための対策が大事

顔のシミを発生させないためには、紫外線対策や日頃のスキンケアをしっかりと行なうことが大事です。昔に比べると対策グッズが増えてきているので、自分の肌を守るために利用してみてください。